歯科治療ブログ

2014.09.25更新

ホワイトニングはどういった行程で行うのか。

いわゆるホワイトニングは、薬を歯の表面において黄色い物質を透明にすることで、歯の本来の色を再現していく処置です。

薬の効果をなが〜くムダ無く発揮させるために、薬を歯の表面から流れ出させないようにする
マウスピースを装着します。

気長にやるならこの方法だけで十分です。(一ヶ月以上がんばるなら)

もうちょっと早く効果を出すために、
を当てて薬のパワーを高めます。

この薬と光の組み合わせで歯の内部にある黄色に物質を透明にしていきます。


ここで注意なのは、必ずしも白くなることを保証する物ではないことです。

ホワイトニングはあくまで、歯の本来の色にすることが結果的に白くなったというものです。

ですので、そもそもの歯質の色が灰色っぽかったり、シマ模様になっていたりする方は思った様な効果を期待出来ないと思われます。

そういった方には薬によるホワイトニングではなく、白いセラミック樹脂を貼付けるダイレクトキュアが適応になります。
〜泉南市新家駅から徒歩10分の歯医者といえばワカノ歯科診療所〜

投稿者: ワカノ歯科診療所

  • WEB予約
  • メールお問い合わせ
  • 072-483-3415